茨城西南医療センター病院看護部について

理念
患者さんの安全・安楽に努め、優しく温かい心ふれあう看護を提供します。


方針
  • 患者さんの権利を尊重した看護を提供します。
  • 高度医療、救急医療に対応した看護を実践します。
  • 地域住民の健康維持、増進に向け積極的に健診活動を行います。
  • 地域の医療、保健、福祉と連携し、看護を継続します。
  • 職員がお互いを信頼、尊重し、働きやすい職場をつくります。


ご挨拶

 茨城西南医療センター病院は、二次医療圏内で唯一第三次救急指定病院として、救急医療・高度医療・がん医療を担う中核病院です。その歴史は古く、設立は1948年であり、長い間地域の皆様に愛され、成長を続けてきました。
 看護部は、”地域で一番の看護を実践する“をモットーに「茨城西南医療センター病院に行けば、良い看護が受けられる」という安心・安全な質の高い看護の提供に努めております。当院は、救命救急センター・周産期センター・訪問看護ステーションを有し、自分のやりたい看護・目指す看護を実現できる設備と教育システムを構築しています。
 新人教育としては、プリセプター制度を導入し、更にPNS看護方式(パートナーシップ・ナーシング・システム)を取り入れ、補完体制を整備し、チーム全体でサポートしています。また、9分野11名の認定看護師が在籍し、各分野の認定看護師を地域のリソースとして、院外への出前研修などの積極的な活動を行い、専門性を発揮して看護の質向上に貢献しています。看護部はワーク・ライフ・バランスを推進し、ワークキャリアとライフキャリアの相互作用を活かし、仕事にやりがいと誇りを感じられる職場づくりを目指しています。また、ON-OFFをしっかりと切り替えるために、新人看護師を含めた全職員がロング休暇を取得できるよう体制を整備しています。
 新しい事にチャレンジしてみようと考えている人、一緒に西南の風に乗って地域で一番の看護部を目指しませんか。お待ちしてます。



病棟紹介

C1階病棟
C1病棟は、主に整形外科・耳鼻咽喉科の病棟です。両科ともに手術に関わる急性期から回復期・終末期と様々な患者層となっており、安心して入院期間を送れるように多職種との連携を密にとっています。病棟では、明るい雰囲気で患者さんの訴えに耳を傾けながら、お互いに笑顔溢れる看護実践をしています。幅広い知識・技術を持つ経験豊かなスタッフが揃っています。


C2階病棟
C2病棟は、脳神経外科と泌尿器科の混合病棟です。脳神経外科では脳卒中治療から脳血管造影検査・カテーテル治療など幅広く行っています。また、院内には脳卒中看護認定看護師・認知症看護認定看護師も在籍し専門的看護を学び実践することができます。泌尿器科では、外来と連携し手術・検査等の継続看護を展開しています。



C3階病棟
C3病棟は、呼吸器内科・神経内科の病棟です。様々な疾患の患者さんが入院しているため、胸腔ドレーン、緩和ケア、化学療法、在宅酸素、在宅酸素導入など、患者・家族の思いに寄り添った看護が学べます。
また、緩和ケア認定看護師と摂食・嚥下障害看護認定看護師が在籍しているため、専門的な看護実践について学ぶことができます。



ICU/ER病棟
救急救命センターICU病棟は、主に重篤な脳卒中や心筋梗塞、事故などによる多発外傷など生命の危機的状況にある患者を受け入れています。また、2019年11月よりドクターカーの運用も開始し、地域の救急医療のため奮闘しています。プレホスピタルから集中治療を担う病棟として、高度の知識・的確な判断力を必要とされている中でも、患者さんや家族に寄り添った看護を提供していきたいと考えています。



E3階病棟
E3病棟は、急性期一般病棟です。内科系・外科系の様々な疾患の重症患者のほか、術後管理や院内急変患者対応も実践しています。科を問わず、様々な疾患の患者さんが入院してくるため、豊富な知識や技術、看護ケア能力が求められています。



E4階病棟
E4病棟は、消化器外科・消化器内科・形成外科の病棟です。消化器疾患の患者さんが多く、内科的治療では内視鏡介助など、外科では術後急性期~回復期と継続した看護を展開しています。病棟には、皮膚・排泄ケア認定看護師が在籍しているため、ストーマサイトマーキングやストーマ装具交換など、専門的な視点から看護実践について学ぶことができます。



E5階病棟
E5病棟は、循環器内科・腎臓内科・リウマチ膠原病内科・眼科の混合病棟です。様々な科の疾患を学びながら、患者さん個々に合わせた看護を実践することができます。それぞれの科に特化した専門的な看護を展開しています。入院から退院、その後の継続看護に至るまで積極的な看護介入ができるようスタッフみんなで協力し日々取り組んでいます。



G2階病棟
G2病棟は、産婦人科・NICU病棟です。地域周産期母子医療センターとして、助産師・看護師・医師が協働しています。産科では予約を制限せずに分娩を取り扱い、県西地域だけではなく、里帰り分娩を希望するお母さんが各地方から集まります。NICUは新生児集中治療室を意味し、当院での出生後の赤ちゃんだけでなく、周辺地域からの搬送も受け入れており、妊娠から育児までの支援を行っています。



G3階病棟
G3病棟は、整形外科・小児科の混合病棟で、幅広い年齢層の患者さんが入院しています。整形外科では周手術期の看護を学び、可能な限り早期に機能を改善させ社会復帰できるよう多職種が連携し介入しています。小児科では患児の治癒過程を促進し、症状緩和を図るとともに、患児とその家族の希望や訴えに耳を傾け、治癒できるような看護実践を行っています。



手術室
手術を受ける患者さんは、麻酔・手術に対する恐怖心や不安が大きいと思います。現在、術前麻酔外来に手術室看護師が加わり、患者さんの不安を共有・理解し、安心して手術が受けられる体制をとっています。患者さんが、安全・安楽に手術が受けられるようにスタッフ一丸となってチーム医療を展開しています。



訪問看護ステーション
訪問看護は、訪問看護師が療養生活を送っている方の住まいに訪問し看護を提供します。ご本人・ご家族の思いに寄り添った在宅療養生活の実現に向けて活動しています。専門性を発揮し、健康の維持・回復、生活の質向上に繋がるよう、予防から看取りまでを支えています。24時間の電話サービスや必要に応じて緊急での訪問も行っています。