NST

NST

NST(栄養サポートチーム)
 栄養状態が悪くなると免疫力が弱まり、いろいろな感染や合併症を引き起こし、傷口が治りにくくなったりします。そういった事からも栄養はすべての手術や薬物治療の前提となる大切な基盤です。
 栄養不良の患者さんに対し、医師・管理栄養士・臨床検査技師・薬剤師などそれぞれのスペシャリストが専門知識を提供しあうことで、どうしたらよりよい栄養管理ができるかを検討し、その結果について主治医と話し合い、その後の栄養管理をしていくのがNSTの役割です。

 当院では2000年2月にNSTを立ち上げ、栄養管理を治療の基盤と考え、積極的に取り組んでいます。

研究会・連絡会のお知らせ

第57回栄養サポート研究会
日時: 11月10日(土)14:00〜
場所: 総合病院土浦協同病院 2階 会議室
テーマ: 「食べるを科学する」
1.一般演題: 「2型糖尿病患者におけるサルコペニア肥満の発症率と身体特性」
総合病院土浦協同病院 リハビリテーション部 川上裕貴

「当院における低GI・低GL経腸栄養製品の使用経験」
つJAとりで総合医療センター NST専従 佐藤梨香

「非小細胞肺がん、手術症例におけるサルコペニアの意義」
独立行政法人 国立病院機構 水戸医療センター 外科 中村亮太

2.特別講演 『栄養状態・情動と覚醒をつなぐ視床下部外側野の機能』
筑波大学国際統合睡眠医学科研究機構 教授 櫻井 武 先生

参加費: 1,000円(学生500円)



資料のダウンロード
お問合わせは当院栄養部まで Tel:0280-87-8111 (内)2260