NST

NST

NST(栄養サポートチーム)
 栄養状態が悪くなると免疫力が弱まり、いろいろな感染や合併症を引き起こし、傷口が治りにくくなったりします。そういった事からも栄養はすべての手術や薬物治療の前提となる大切な基盤です。
 栄養不良の患者さんに対し、医師・管理栄養士・臨床検査技師・薬剤師などそれぞれのスペシャリストが専門知識を提供しあうことで、どうしたらよりよい栄養管理ができるかを検討し、その結果について主治医と話し合い、その後の栄養管理をしていくのがNSTの役割です。

 当院では2000年2月にNSTを立ち上げ、栄養管理を治療の基盤と考え、積極的に取り組んでいます。

研究会・連絡会のお知らせ

第58回栄養サポート研究会
日時: 6月29日(土)14:00〜
場所: 土浦協同病院附属看護専門学校 3階 大教室
テーマ: 「サルコペニア・フレイル早期診断のためのツールを理解する」
1.基調講演: 「サルコペニアの真因を探る」
筑波大学医療医学系消化器外科 客員教授 寺島秀夫 先生

2.パネルディスカッション: 『サルコペニア・フレイルの診断のために必要なとりくみとは?』
パネリスト
JAとりで総合医療センター 看護部 佐藤梨香
筑波学園病院 栄養科 小室彩子
神立病院 栄養科 宮内香奈
茨城西南医療センター病院 リハビリテーション部 開光太朗

参加費: 1,000円(学生500円)



資料のダウンロード
お問合わせは当院栄養部まで Tel:0280-87-8111 (内)2260