診療科案内

当院の診療科を紹介します。

緩和ケア外来


がんになると、様々な苦痛が出現しますが、多くの患者さんは症状を我慢して、がんの治療だけを行おうとします。患者さんは、「痛みのことで医師を煩わせて治療が遅れるようなことがあってはいけない」とか「痛みを取ってもがんが良くなるわけではないから、我慢しよう」と考える傾向があります。緩和ケアは、がんの治療を阻害するどころか、より快適な状態で治療を受けることができるので、実は生存期間も長くなるということが報告されています。また、医療用麻薬はいろいろな工夫がされており、慢性的な痛みをもった患者さんでは特殊な脳内物質の働きにより、中毒にはならないと考えられています。
現在の緩和ケアは、治療とともにスタートし、治療と並行して行われ、病状進行に伴い徐々に緩和ケアの占める割合が増えていくというものになっています。
緩和ケアは、チームでおこないます。当院では医師・看護師・薬剤師・ソーシャルワーカー(医療社会福祉士)・臨床心理士がチームとなって患者さんに対応しています。

外来に関しては予約制なので、事前にがん相談支援センターにご連絡下さい。


診療表

午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前
吉田