ENTRY

先輩の声

最高の成長曲線を描け

中川 翔太

初期研修医 J2
平成28年 筑波大学 医学専門学群 卒業 / 静岡県出身

本気の冷や汗が自分の成長に

初期研修医・前田智早の唯一の同期が、中川翔太だ。前田が“静”とすれば中川は“動”。何かと対照的な2人だが、お互いへの信頼は熱く、戦友と呼んでもいいほどの絆で結ばれている。

「茨城西南医療センター病院についての噂はよく耳にしていました。とんでもない数の症例が集まって、とてつもなく忙しくて、まるで野戦病院だと」

“げっそり痩せてしまった初期研修医もいる”とまで、その噂には尾ひれがついていたらしい。むろん、そんな環境だからこそ自分を鍛えることができると踏んで、中川はここに飛び込んできたわけだ。

「まあ、野戦病院ほどではなかったですが、十分鍛えてもらっています。せっかくの当直なのに急患の呼び出しがないときはちょっと寂しいですよ」

救命救急センター、ICUと、研修で回ると先輩医師が「この症例、どう思う?」と考えを求めてくる。答えを言うだけでなく、望めば治療も任せてくれる。

自分の判断を後で振り返って、時には冷や汗を流すこともある。後になってサマリーを読み返し、今ならどう判断するだろうと自分に問いかけてみる。
そんな日々を積み重ねることで、中川は着実に力をつけてきた。

「この病院の医師って、他の科の患者様のことを気にする人が多いように感じます。みんなで情報を共有し、患者様を見守ろうという意識が強いと思います」

整形外科医を目指しており、スポーツドクターの道にも、救急救命にも関心があるという中川。そのために学びたいこと、経験したいことは山ほどあって、「今は仕事を心から楽しんでいる」と語る。

「学生時代に恩師に言われたのが、学校の成績も大切だが、医師として重要なのは実践でどれだけ学ぶかだ、ということでした。ここで過ごす初期研修医の2年間、何でも学んで、何でも吸収したいですね」

ひたすら、がむしゃらに。
前田智早も中川翔太も、ここで全力疾走の日々を過ごしている。

期待して欲しいこと
研修医の部屋があり、個人のデスクもあります。アパートも用意してくれました。
期待しないで欲しいこと
医師同士の人間関係が濃密です。あっさりした関係がいいというなら、難しいかも。
応募を考えている方へのメッセージ
初期研修医でも、治療を任せてもらえる病院です。本気の冷や汗、かいてみませんか。