ENTRY

先輩の声

最高の成長曲線を描け

飯場 萌絵

産婦人科
平成23年 山梨大学 医学部 卒業 / 茨城県出身

経験の数が自分を鍛えてくれる

初期研修医・前田智早が言ったようにこの地域で唯一の救命救急センターを併せ持つ茨城西南医療センター病院には、24時間、救急患者が運び込まれてくる。特にお産ともなると、難しい対応を迫られる患者も少なくない。

「当直は汗だくになって、緊急対応していますよ。今はその一つひとつが経験になっていますね」と話すのは産婦人科医の飯場萌絵だ。

「大量に出血している」「早い週数で破水した」など、深夜、周辺の病院からは「SOS」が送られてくる。そんな緊急事態に直面してきた経験の数が、産婦人科医としての飯場の実力を磨いてきた。“お産は怖い。だからこそもっと勉強しなければ”と考えている飯場にとって、様々な症例に出会える今の環境には感謝している。

「外国人の妊婦さんも珍しくなくて、言葉が思うように通じないことも。聞くたびに子どもの数が違うお母さんもいたりして、笑っちゃいますよね」

合併症をもつ妊婦を診ることも多い産婦人科医にとっては泌尿器科や循環器内科など、他科との連携は必須である。その点、茨城西南医療センター病院について飯場は「大学病院などと比べてドクターの人数が少ない分、お互いのキャラクターもよくわかってるし、連携もスムーズに取りやすい」と感じている。
そしてこれは、研修医にとっても通じることである。

「病院全体、すごく面倒見がよくて、科の違いを超えて研修医にはみんなで声をかけています。産婦人科に研修医が回ってくると、別の科の先生が“あの研修医、頑張ってる?”と気にしてくれるし、みんなで育ててあげようという思いがあるんですよ」

そうした思いは、新しくスタートした勉強会の取り組みにも反映されている。

勉強会とは、「妊婦さんにも投与できる薬剤とは」「CT検査で見逃しやすい点は」など、実践的なテーマに基づいて各科の医師が講師役を務めるものだ。まだ始まったばかりだが、このような“育てる仕組み”は今後様々な形で実行に移されていく予定である。

期待して欲しいこと
緊張感漂う現場を山のように体験できるので、間違いなく医師としての引き出しが増えます。
期待しないで欲しいこと
悪性腫瘍は扱っていないので、興味ある方はごめんなさい。
応募を考えている方へのメッセージ
面倒見のいい先輩がたくさんいます。一緒に茨城西南医療センター病院で研修しませんか?