ENTRY

先輩の声

最高の成長曲線を描け

阿部 英恵

初期研修医 J2(令和元年度)
筑波大学 卒業 / 茨城県出身

環境が人を育ててくれる

手にしたペットボトルのキャップに書かれた「あ」の一文字についてたずねると、「阿部の”あ”です。間違われないように」と、”そこ聞くか”というような大きな笑顔が返ってきた。そんな明るさと、とことんポジティブなところが阿部の持ち味だ。だから誰もが「阿部ちゃん」と気軽に声をかけてくる。

「皆さん、初期研修医のことを気にかけてくれて、別の科の先生までも“今はどこの科にいるの?”と声をかけてくれます。すごくいい雰囲気ですよ」

学生時代は大きなショッピングモールのカフェでアルバイトをしていたほど、人と接することが好きだ。医師の道を選んだのも、いろんな人と接したかったから。そのオープンな性格もあって、多くの人が阿部に声をかけてくるのだろう。

そんな阿部も、初期研修医としてスタートした頃は、ヘコむことが多かったという。「カルテの書き方とか、業務に慣れるのがとにかく大変でした。

あとは当直!重い患者さまが運ばれてきても、どうしらたいいかわからず、オロオロするばかりでした。そんなときは、ウジウジと引きずったものです」。

だが、研修中であろうと、当直に入ったら関係ない。一人の医師として患者さんに向き合わなくてはならないのだ。「気がついたら動じなくなっていました。ここにはあらゆる症例の患者さんが運ばれてきます。しかも、残念なことに地域柄か比較的重症の患者さんも少なくないんです。だからウジウジしてる場合じゃなく、とにかく体を動かさなくてはならないし、動かしているうちに環境に順応してきました」

それは、阿部にとって大きな成長。「目の前のタスクで精一杯ですけどね」とは言うものの、今やるべきことが判断でき、それに全力を費やせるようになったのである。「1年目の私でも、”やります”と言えばやらせてくれる。こんな病院、なかなかないと思いますよ」

初期研修医としての同期は5人で、そのうち女子3人が寮の並びの部屋に暮らしている。阿部の部屋に集まっての”部屋飲み”もよくあるとか。そんな仲間の存在も、阿部の支えだ。
「人に優しくありたいし、医師という仕事を楽しみたい。それがこれからの目標ですね」

期待して欲しいこと
研修プログラムも、希望すれば自分の希望に添ってアレンジしてくれます。初期研修医の育成に真剣に取り組んでくれていると感じます。
期待しないで欲しいこと
大きなショッピングセンターも近くにないし、都会が好きな人、車の運転ができない人には、厳しい環境ですね。カフェは近くに欲しいですね。
応募を考えている方へのメッセージ
ぜひ一度、見学に来て欲しいです。そして他の病院にも足を運んで、雰囲気の違いを肌で感じてください。長い時間いればいるほど、居心地のよさがわかってもらえると思います。

初期研修医

  • 環境が人を育ててくれる
  • 全力で闘う姿を、きっと誰かが見てくれている
  • 悩む時間こそ、成長の滑走期間

初期研修 修了医

  • 一歩ずつ、確かな成長を刻んでいく
  • 日々の努力は自分を裏切らない
  • 命に寄り添える医師を目指して
  • 高いビルには強い地盤が必要だから
  • 可能性を拓くのは自分自身
  • 本気の冷や汗が自分の成長に
  • 経験値の独り占めを求めて

指導医

  • 小さな病院だからできる大きなチャレンジ
  • 実践力をとことん鍛える
  • 亀の歩みだって心配はいらない
  • 人が育つ仕組みをつくっていく
  • いくつになっても新しい成長を