地域周産期母子医療センター

地域周産期母子医療センター

 茨城県では、妊娠、出産から新生児に至る高度専門的な医療が適切に提供されるよう、安定した周産期医療体制を整備し、県民が安心して子どもを産み、育てる事のできる環境づくりの推進を図るため、平成23年に茨城県周産期医療体制整備計画を策定しています。
 茨城県の周産期医療体制は、県内を3つのブロックに分け、ブロックごとに、最も高度な医療を提供する「総合周産期母子医療センター」、総合周産期母子医療センターに近い設備や医療体制を持っている「地域周産期母子医療センター」、及び軽症の救急患者さんの受け入れ可能な「周産期救急医療協力病院」が指定され、機能分担と緊密な連携体制が整備されています。当院が所在する猿島郡境町は、つくば県西ブロックに含まれ、当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けています。

周産期とは

周産期とは、妊娠22週から生後満7日未満までの期間と定義されており、周産期を含むその前後の期間は、母子共に異常が生じやすく、合併症妊娠や新生児仮死などといった、母体や胎児、新生児の生命に関わる事態が発生する可能性があります。こういった突発的な事態に対応するため、産科及び小児科等を備え、周産期を対象とした高度な医療行為を行える施設の整備が全国的にも進められています。

施設について

NICUNICU

当センターはNICUと産科病棟が同一フロアにあるのが特徴で、産科と小児科の連携が取りやすい環境となっています。

NICUG2病棟

G2病棟には3つの分娩室があり、一つは自由なスタイルでお産が可能なフリースタイル分娩室となっています。

NICU分娩室
NICUフリースタイル分娩室

診療科のご紹介

産婦人科

産婦人科について

妊娠・分娩

 茨城県地域周産期母子医療センターとして県西部の中核施設である当科は、多くの周辺医院や病院からリスクの高い患者さんをお受けしています。もちろんリスクのない通常妊婦さんも紹介状の有無や予約分娩数の制限を設けずに幅広くお受けしております(ただし陣痛がついてからの初診はやめてください)。現在は古河市、境町、坂東市、五霞町、八千代町や下妻市などの茨城県内、幸手市や杉戸町などの埼玉県、野田市などの千葉県と近隣にお住まいの患者さんが多く来院されていますが、今後圏央道の開通に伴い境古河インターを降りて3分程度の当院は、つくば市や常総市、久喜市周辺の方々にも十分通院していただける距離かと思います。
 当科の分娩は周産期センターとしてはかなり低い15〜20%の帝王切開率、会陰切開をできるだけ行わない、そして何よりも大切な「安全に母児とも経過・退院していただきたい」というポリシーで貫かれています。新生児集中治療室を持つ小児科のバックアップで、急に赤ちゃんに生じた問題にも迅速に対応できます。
 新病棟が完成し新しくなったフロアには大部屋8、個室7、特別個室1、分娩室3を備え、分娩産褥期間を快適に過ごしていただけるよう配慮しております。個室が増床し、上のお子様の個室内での面会も可能になりました(大部屋は他患者さんの環境に配慮し小学生以下のお子様の面会はご遠慮いただいています。デイルームをご利用下さい)。

個室 個室
特別室 特別室
デイルーム デイルーム

分娩料金

 分娩料金は平日日勤帯での分娩・通常4日間の産褥入院が約45〜50万円になっております。
 差額個室料金は以下の通りです。

個室料金 ¥4000 /日
特別個室料金 ¥8000 /日

マタニティビクスについて

2018年5月19日(土)よりマタニティビクスを開始しました。適度な運動で体重増加をセーブして安産を目指しましょう。運動が苦手な方でも専属のマタニティビクスインストラクターがサポートするのでご安心下さい。皆様のご参加をお待ちしています。
マタニティビクス

対象: 当院に受診している妊娠15週以降の妊婦さんで切迫早産や高血圧腎症などの合併症が無い方(妊婦健診時に医師の許可をもらってください)
日時: 毎月第1、第3土曜日 午後2時〜4時(外来窓口で予約を取ってください)
持ち物: 運動靴、汗拭きタオル、飲み物、母子手帳
費用: 1回500円
場所: 当院2階講堂

お祝いランチ・ディナーについて

2018年4月よりお産後のお祝い膳をリニューアル致しました。入院中に1度、豪華なお食事をご用意いたします。赤ちゃんはスタッフがお預かりしますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。 なお、外部のレストランに委託しているため、アレルギー対応が出来ませんので、アレルギーのある方への提供は控えさせていただきます。 お祝い膳1 お祝い膳1
お祝い膳2 お祝い膳2

外来妊婦健診

平日(月)〜(金) AM 9:00 〜 12:00
(火)および(木) PM 2:00 〜 4:00

料金 ¥5000 /回 (各市町村補助券を使用できます)

胎児エコーの写真や動画の撮影サービスは無料でさせていただいています(機器の不具合で撮影できなかった場合はご容赦下さい)。助産師主導の母乳外来も充実しております。妊娠中や産褥の授乳に関するお悩みをぜひご相談下さい。

婦人科領域

 当科では以前より子宮癌検診の重要性を認識し、積極的に癌検診を勧めています。万が一検診結果に問題があれば一人一人の患者さんについて進行度や、治療方針についてご説明し治療していきます。残念ながら進行した癌で高度な治療が必要な場合は大学病院などへのご紹介も行っております。また卵巣嚢腫や子宮筋腫、子宮内膜症といった良性疾患は外来薬物治療から手術まで患者さんのご意向に沿った治療を行っています。一般的な開腹手術の入院期間は約8日間、腹腔鏡では約4日間程度とできるだけ早期退院を目指しています。全て吸収糸で縫合し、抜糸はありません。
 なお当科では周産期センターの性格上、人工妊娠中絶および夜間緊急避妊のためのアフターピルはお受けしておりません。

不妊症

 一般的な不妊検査の後、問題点を明らかにしてから治療スケジュールを患者さんとともに考えます。検査もなく処方を開始することはありません。当科ではゴナドトロピン療法(hMG-hCG療法)や人工授精(AIH)、さらに子宮筋腫や子宮内膜症の手術までは行いますが、IVF-ETやICSIなどの補助生殖医療(ART)は他機関にご紹介させていただいています。

受付時間

午前:07:00〜11:00 ※診療開始は9時からとなります
午後:基本的にすべて予約制になっております。
※土曜日の診療は第1、第3のみとなります

産婦人科診療表

午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前
染谷
渡邉
野口
岩田
西田
伊藤

※〇は妊婦健診です